2017年7月19日 甲子園球場で行われた阪神対広島戦。試合は中盤まで息を飲む接戦でしたが、後半タイガース中継ぎ陣が打ち込まれ、最終的なスコアは3-14。11点差の大敗に終わりました。

 

阪神タイガース球団公式動画配信サイト、虎テレのTwitterアカウントで試合後以下のような発言がありました。

こんな試合でも最後まで視聴いただいた皆さま、ありがとうございました。感謝と言うより申し訳ない気持ちでいっぱいですが。。。

これを見た僕の印象は、なんか直接オフィシャルに大敗の謝罪を受けていたたまれないような、それでもボロ負けの余韻がおさまらず腹が立つような、中の人たいへんやなーというご苦労様感やら、なんかいろいろでした。

 

このツイートに対して、僕の想像していなかったようなリプライが、僕が寝てる間についてました。結果、これらのツイートが引き金となり、僕がいっつも楽しみにしていた虎テレのツイッターアカウントが停止されることになりました。

「こんな試合」って選手がいなかったらあなた達は仕事できないんだから感謝しろ。

選手は裏方さんがいないと仕事できません。どちらかが一方的にという関係ではありません。

 

選手でもないのに、「こんな試合でも」って、さすがに選手たちに失礼やろ。

選手がいうならわかる。あんただれ?そして選手たちも「こんな試合して申し訳ない」と思っていると思う。

 

負けたのは事実やけど「こんな試合」って言い方はやめませんか?選手は負けようと思ってはやってないと思うんで、口で言うのは簡単ですけど

外部の人間が絶対に反撃してこない公式アカウントを攻撃するのはもっと簡単ですね。

 

ケガをした選手も居る仲で「こんな試合でも」などというべきではないのでは?

ケガをした選手がいたらボロ負けしても大丈夫?僕やったらきのうの試合現地にいたらハラたってしょうがないとおもうんやけど。もちろん糸原選手のケガは心配。それとこれとは別の話。

 

人間が思うことをそのまま文章にしすぎているような。

えっ、公式アカウントって機械がやるもんなん?

 

一方

第一にファンの事を思ったツイートして下さる虎テレさん

「こんな試合」そんな台詞吐かせて申し訳ないです。虎テレさんは同志なんでホンマ心情ぶちかました言葉で何ら問題ないですよ!!!

など、共感するリプライもみられました。

 

ですが翌20日午前、虎テレ公式アカウントは

虎テレに選手を批判する意図は全くありませんでしたが、昨日のツイートについてご不快な思いをされたファンの方には申し訳ありませんでした。本日をもってこちらのアカウントは運用停止させていただきます。これまでありがとうございました。


と発信したのを最後に、更新を停止。ほどなくアカウントそのものが削除されました。

 

この件だけではないですが、最近著名人や企業アカウントに対しての揚げ足取りが目に余ります。ほんとにこんな感じです。

これまで、ほかの炎上とかは僕の生活に影響無かったんで別にどうでもよかったんですが、いっつも見てる大好きな虎テレアカウントが停止されたとなったらガマンなりません。

公式アカウント対匿名ユーザーという圧倒的に有利な立場を利用し、重箱のスミをつつくような無責任なクレームを入れる。本当は謝る必要も無いのに謝罪する公式アカウントを見て、優越感にひたる。まあそういうのが趣味ならいいでしょう。

でも、みんなが日々のツイートを楽しみにしていたアカウントが、一瞬にして無くなってしまうという事態にもなるということを知っておきましょう。

他の人がどう思ってるとか知りませんが、くだらん正義感をふりかざして、選手でもないのに「選手ガー」「公式アカウントとしてー」とか絡んで削除させてしまった人たち、僕はストレートにすっげーむかついております。オレの楽しみを返せ。

 

で、お願いなので、 #よみがえれ虎テレ