阪神タイガース 背番号4 歴代選手

 

4番っていう数字は日本人にとってあまり縁起が良くない数字ということで、阪神タイガースで背番号4を背負っていたのは外国人選手が多いですね。

その中でも僕の中で「阪神タイガースの背番号4」といえば春団治川藤幸三でしょうに。ちょうど僕がものごごろついて野球を見始めたころ、4番を背負っていたのが川藤選手。

勝負強い打撃で、印象としては八木桧山よりも全然勝負強い代打だったような気がします。

当時の代打は右なら川藤、左なら永尾。なんか毎日どっちかがサヨナラヒット打ってたような気がします(笑)

1983年7月9日 阪神対広島戦 代打川藤幸三サヨナラヒット 動画

 

辞めてからもおもろいwww
川藤幸三 珍プレー 動画

 

で、そのほか歴代の背番号を見てみると、いやいや結構ええ選手がそろっております。藪も18のあとは4付けてましたねぇ。

 

あと、僕が生まれる前にはあの偉大なバッキーがいますね。動画探してたらすっげーの見つけました。
1966年 バッキー 榎本喜八 動画

これ、バッキーの動くところが見れてすごいんですが、この榎本喜八という選手のスイングにもびっくりです。なんか小笠原の全盛期みたいなスイングしてますなぁ。。

 

上本博紀 2009-

ボーグルソン 2008
シーツ 2005-2007
藪恵壹 2002-2004
高波文一 1997-2000
横谷彰将 1996
山脇光治 1991-1995
キーオ 1987-1990
川藤幸三 1970-1986
バッキー 1962-1968
伊藤光四郎 1961
水上静哉 1960
辰市邦輔 1959
駒田桂二 1950-1956
渡辺敬蔵 1942

阪神タイガース 背番号別歴代選手一覧

>> 阪神のチケットは早いことゲットしとこう!