阪神の背番号6は金本知憲のイメージが強いですが

タテジマ阪神の背番号6といえば、2012年まで在籍したアニキ金本を思い浮かべる方がほとんどでしょう。

晩年は肩のケガなんかもあって苦しかったですが、いやもう全盛期はすごかった。

金本の打撃で印象に残ってるのはこの2つ


金本知憲3打席連続ホームラン 甲子園 2009年4月8日
↑ライトスタンドで観てました。3本目はファウルやと思いました。ごめんなさい。


阪神 金本 日本シリーズサヨナラホームラン 2003
↑これ、打った瞬間なぜか僕の電話がじゃんじゃん鳴るというwww

 

しかし、アニキの前の背番号6はシブい選手が続いていたのです。

まず、現監督和田豊。右打ち最高でした。1985年に入団し、初年度に優勝。そのあとに続く暗黒時代を支えた名セカンドでした。

和田豊 特集動画

 

そしてその前は藤田平。81年には首位打者を獲得。アナウンサーがよく「職人藤田平」って言ってたのを覚えています。

このひとも監督してましたね。新庄とモメたりしてましたが(苦笑)

藤田平 特集動画

さて、現在阪神タイガースの背番号6は空番。金本氏の永久欠番説なども昨年のシーズンオフは話題になっていましたが、どないなるでしょうか。

虎講師でした。

 

阪神タイガース歴代背番号6

金本知憲 2003-2012
ホワイト 2002
和田豊 1985-2001
藤田平 1966-1984
フェルナンデス 1965
石田博三 1961-1964
星山晋徳 1958-1960
西出佐夫郎 1957
小山正明 1954-1956
真田重男 1952-1953
田宮謙次郎 1950-1951
富樫淳 1946-1949
景浦將 1936-1939、1943

(ホワイトってどんな人でしたっけ苦笑)

阪神タイガース 選手別応援歌2013

さあ読売いてまうで〜!チケット情報はコチラ!