Header image alt text

阪神タイガース 虎講師のブログ


阪神タイガース 歴代監督名 年度別成績 一覧

阪神 森茂雄 画像
1936  森 茂雄  15試合 9勝 6敗 0分 .600

阪神 石本秀一 画像
1936秋 石本 秀一 31試合 24勝 6敗 1分 .800
1937春 石本 秀一 2位 56試合 41勝 14敗 1分 .745
1937秋 石本 秀一 1位 49試合 39勝 9敗  1分 .813
1938春 石本 秀一 1位 35試合 29勝 6敗 0分 .829
1938秋 石本 秀一 2位 40試合 27勝 13敗 0分 .675
1939 石本 秀一 2位 96試合 63勝 30敗 3分 .677

阪神 松木謙治郎 画像
1940 松木 謙治郎 2位 104試合 64勝 37敗 3分.634
1941 松木 謙治郎 5位 84試合 41勝 43敗 0分 .488

阪神 若林忠志 画像
1942 若林 忠志 3位 105試合 52勝 48敗 5分 .520
1943 若林 忠志 3位 84試合 41勝 36敗 7分 .532
1944 若林 忠志 1位 35試合 27勝 6敗 2分 .818

阪神 藤村富美男 画像
1946 藤村 富美男 3位 105試合 59勝 46敗 0分 .562

若林忠 画像
1947 若林 忠志 1位 119試合 79勝 37敗 3分 .681
1948 若林 忠志 3位 140試合 70勝 66敗 4分 .515
1949 若林 忠志 6位 137試合 65勝 69敗 3分 .485

阪神 松木謙治郎 画像
1950 松木 謙治郎 4位 140試合 70勝 67敗 3分 .511
1951 松木 謙治郎 3位 116試合 61勝 52敗 3分 .540
1952 松木 謙治郎 2位 120試合 79勝 40敗 1分 .664
1953 松木 謙治郎 2位 130試合 74勝 56敗 0分 .569
1954 松木 謙治郎 3位 130試合 71勝 57敗 2分 .555

阪神 藤村富美男監督 画像
1955 岸(画像なし)・藤村富 3位 130試合 71勝 57敗 2分 .555
1956 藤村 富美男 2位 130試合 79勝 50敗 1分 .612
1957 藤村 富美男 2位 130試合 73勝 54敗 3分 .573

阪神 田中義雄 画像
1958 田中 義雄 2位 130試合 72勝 58敗 0分 .554
1959 田中 義雄 2位 130試合 62勝 59敗 9分 .512

阪神 金田正泰 画像
1960 金田 正泰 3位 130試合 64勝 62敗 4分 .508
1961 金田・藤本定 4位 130試合 60勝 67敗 3分 .473

阪神 藤本定義 画像
1962 藤本 定義 1位 133試合 75勝 55敗 3分 .577
1963 藤本 定義 3位 140試合 69勝 70敗 1分 .496
1964 藤本 定義 1位 140試合 80勝 56敗 4分 .588
1965 藤本 定義 3位 140試合 71勝 66敗 3分 .518

杉下茂 阪神監督
1966 杉下・藤本定 3位 135試合 64勝 66敗 5分 .492
1967 藤本 定義 3位 136試合 70勝 60敗 6分 .538
1968 藤本 定義 2位 133試合 72勝 58敗 3分 .554

阪神 後藤次男 画像
1969 後藤 次男 2位 130試合 68勝 59敗 3分 .535

村山監督 1時政権
1970 村山 実 2位 130試合 77勝 49敗 4分 .611
1971 村山 実 5位 130試合 57勝 64敗 9分 .471
1972 村山 実 2位 130試合 71勝 56敗 3分 .559

金田正泰監督 画像
1973 金田 正泰 2位 130試合 64勝 59敗 7分 .520
1974 金田 正泰 4位 130試合 57勝 64敗 9分 .471

吉田義男 一次政権 画像
1975 吉田 義男 3位 130試合 68勝 55敗 7分 .553
1976 吉田 義男 2位 130試合 72勝 45敗 13分 .615
1977 吉田 義男 4位 130試合 55勝 63敗 12分 .466

後藤次男 監督 画像
1978 後藤 次男 6位 130試合 41勝 80敗 9分 .339

阪神 ブレイザー 画像
1979 D.ブレイザー 4位 130試合 61勝 60敗 9分 .504
1980 ブレイザー・中西 5位 130試合 54勝 66敗 10分 .450

阪神 中西太監督 画像
1981 中西 太 3位 130試合 67勝 58敗 5分 .536

阪神 安藤監督 画像
1982 安藤 統男 3位 130試合 65勝 57敗 8分 .533
1983 安藤 統男 4位 130試合 62勝 63敗 5分 .496
1984 安藤 統夫 4位 130試合 53勝 69敗 8分 .434

吉田監督 胴上げ画像
1985 吉田 義男 1位 130試合 74勝 49敗 7分 .602
1986 吉田 義男 3位 130試合 60勝 60敗 10分 .500
1987 吉田 義男 6位 130試合 41勝 83敗 6分 .331

村山監督 2回め 画像
1988 村山 実 6位 130試合 51勝 77敗 2分 .398
1989 村山 実 5位 130試合 54勝 75敗 1分 .419

中村勝広 監督 画像
1990 中村 勝広 6位 130試合 52勝 78敗 0分 .400
1991 中村 勝広 6位 130試合 48勝 82敗 0分 .369
1992 中村 勝広 2位 132試合 67勝 63敗 2分 .515
1993 中村 勝広 4位 132試合 63勝 67敗 2分 .485
1994 中村 勝広 4位 130試合 62勝 68敗 0分 .477
1995 中村 勝広 6位 130試合 46勝 84敗 0分 .354

藤田平 監督 画像
1996 藤田 平 6位 130試合 54勝 76敗 0分 .415

吉田監督 抗議 画像
1997 吉田 義男 5位 136試合 62勝 73敗 1分 .459
1998 吉田 義男 6位 135試合 52勝 83敗 0分 .385

野村監督 阪神 画像
1999 野村 克也 6位 135試合 55勝 80敗 0分 .407
2000 野村 克也 6位 136試合 57勝 78敗 1分 .422
2001 野村 克也 6位 140試合 57勝 80敗 3分 .416

星野仙一 阪神 胴上げ 画像
2002 星野 仙一 4位 140試合 66勝 70敗 4分 .485
2003 星野 仙一 1位 140試合 87勝 51敗 2分 .630

阪神 岡田監督 胴上げ画像
2004 岡田 彰布 4位 138試合 66勝 70敗 2分 .485
2005 岡田 彰布 1位 146試合 87勝 54敗 5分 .617
2006 岡田 彰布 2位 146試合 84勝 58敗 4分 .592
2007 岡田 彰布 3位 144試合 74勝 66敗 4分 .529
2008 岡田 彰布 2位 144試合 82勝 59敗 3分 .582

真弓明信 監督 画像
2009 真弓 明信 4位 144試合 67勝 73敗 4分 .479
2010 真弓 明信 2位 144試合 78勝 63敗 3分 .553
2011 真弓 明信 4位 144試合 68勝 70敗 6分 .493

阪神 和田監督 画像
2012 和田 豊 5位 144試合 55勝 75敗 14分 .423
2013 和田 豊 2位 144試合 73勝 67敗 4分 .521

 

阪神タイガース 2014 首脳陣一覧

阪神タイガース 2014 新入団選手一覧

阪神タイガース 2013 退団選手一覧



藤浪晋太郎 背番号19

Posted by toraho on 2013年12月13日
Posted in 選手名鑑  | Tagged With: | Comments


阪神タイガース 背番号19 藤浪晋太郎

 

この人の記事を早く書きたかったのですが、なにしろ1年目で実績がない。1シーズンを終えて、良くても悪くても書こうと思っていたのですが、まあよかった!

 

はい、まずはしんたろうスペックから。

出身 大阪府堺市南区 197cm 86kg
身長は小学校卒業時に180.2cm、中学卒業時には194cmあったそうなww

大阪桐蔭高校では1年夏からベンチ入り。2年春からエース。3年(2012年)春のセンバツでは全5試合に登板し優勝。夏は決勝史上最多タイとなる14奪三振、決勝史上最高速度となる153km/hを記録し春夏連覇。

甲子園での通算成績は、投球回数76・防御率1.07・90奪三振というすさまじいものです。

 

2012年11月、注目のドラフト会議では阪神・オリックス・ヤクルト・千葉ロッテの4球団が藤浪を指名。見事、和田豊監督が当たりクジを引き、輝く我等ぞ阪神タイガースに入団したのです。
藤浪晋太郎 ドラフト 和田

入団後、初登板は開幕カードでもあった3月31日のヤクルト戦(神宮)6回3安打2失点(自責点は1)と好投するも、援護なく敗戦投手となりました。

 

2度めの登板は4月14日の横浜Dena戦。見事6回無失点で初勝利を挙げます。その後の活躍はご存知のとおり。。

将来のタイガースを背負う大型新人の1年目。最終的には10勝6敗 投球回137 2/3 防御率2.75 奪三振126と、高卒ルーキーとしては見事な成績で終了しました。が、まーーだまだこんなもんではないはず。アンタはまーくんより上やで!

ちなみに、藤浪晋太郎の背番号は19ですが、これはかつて巨人キラーと呼ばれた小林繁氏(故人)のように読売をギタンギタンに倒して欲しいと、和田監督がから提示されたのだそうです。

と、ええピッチャーなのは当然。プラス、めちゃおもろいヤツなのです。

オールスターでは中田翔とモメる
オールスター 藤浪晋太郎 対 中田翔 youtube動画

グラティではひとの足を踏む
藤浪晋太郎 今成の足を踏む 動画

藤浪晋太郎 メッセンジャーにカンチョー
藤浪 メッセンジャーにカンチョー
そのあと喜ぶメッセンジャー

イトアツにいじめられる藤浪晋太郎
イトアツにいじめられる藤浪晋太郎

坂をくるむ藤浪晋太郎
坂をくるむ藤浪晋太郎

ということで、最後はかっちょええやつで。

藤浪晋太郎 三者連続奪三振 youtube動画 2013.10.15 阪神巨人戦 甲子園

来年もたのむでぇ〜

2014 藤浪晋太郎カレンダー
2014藤浪晋太郎カレンダー

 

 

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013



ランディ・バース 背番号44

Posted by toraho on 2013年12月8日
Posted in 選手名鑑  | Tagged With: | Comments


ランディ・バース 背番号44

阪神 バース 画像

阪神タイガース史上最強の助っ人といえば、このひとランディ・バース。苦情は受け付けませぬ!三冠王2回獲得する外国人選手なんか、今おったら絶対優勝ですわほんまこれ。

バースと言えば1985年、阪神タイガースが日本一になったシーズンと、翌86年、連続で打率・本塁打・打点の3冠王。さらに86年には7試合連続ホームランという、王貞治さんに並ぶ記録を持っており、この2年間の活躍が強烈な印象を残しています。

 

しかし、バースが阪神タイガースに入団したのは、実は1983年。1年目は打率.288 本塁打35 打点83。2年目は.326 27本 73打点。もちろん、今阪神タイガースに在席している外国人選手と比較すると十分な成績ですが、それでも「史上最強」とまでは言えない成績ですね。

85年以降の活躍はご存知のとおり。リアルタイムでプレーを見たことの無い若いファンでも、名前ぐらいは聞いたことはあるでしょう。

まず数字
85年 .350 54本 134打点
んんん、恐ろしい。

 

今年ヤクルトのバレンティン選手が、シーズン本塁打記録55本を破ったことが話題になりましたが、実はこのときのバースも「残り2試合を残して54本」というチャンスを迎えていました。

しかし、その2試合はいずれも読売戦。1試合目に登板した江川投手は勝負したものの(3打席凡退)他の投手は全打席事実上の敬遠。2試合目に先発した斎藤雅樹がコントロールミスでストライク気味の球をなげてしまい、バースはなんとかバットをだしたもののセンター前ヒットに終わりました。

結局記録は54本。読売の監督だった王貞治氏は「ベンチから敬遠の指示は出していない」と語りました。しかし、当時読売に在籍していたカムストック投手は後年「バースにストライクを投げると1000$の罰金が課せられていた」と語っています。いやはや。。。

 

85年、パ・リーグの覇者西武ライオンスと対戦した日本シリーズ。西武球場で行われた1戦・2戦はいずれもバースの1発が勝負をきめました。

※めっちゃ懐かしいので是非見ておくれやす。かなりがっつりやってくれてます。
↓↓↓
1985年日本シリーズ 第1戦 西武 阪神 ハイライト動画 youtube

1985年日本シリーズ 第2戦 西武ー阪神 ハイライト動画 youtube

西武のスクイズを潰すバースの守備も見ものです。

3戦目と4戦目は惜敗するも、5戦6戦を取り、このままの勢いで日本シリーズを制します。ほんとにバースさま様の1年でした。

 

86年 .389 47本 109打点で三冠王
87年 .321 37本 79打点

そして88年。水頭症を患った長男ザクリー君の治療のため、米国での治療を希望するも球団に認められず解雇されます。ほんまに昔からなんというか、交渉ベタとは違うなんちゅうか。。。

 

引退後は牧場経営をしながら日本にもちょくちょく遊びに来てくれてます。阪神高速を走ってたらバースが載ってるでっかい看板もありますね(笑) 2004年からオクラホマ州の議員さんもやってるそうです。
バース 看板 阪神高速

さあ、バースを上回る助っ人が、僕が生きている間に現れるのでしょうか。。。。

 

最後に、感動注意。ランディバース列伝をご覧ください。虎講師でした。

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013




阪神タイガース 2014 新入団選手一覧 背番号

 

◆ドラフト

ドラフト1巡目

岩貞 祐太(いわさだ ゆうた)背番号17

阪神 岩貞 画像
横浜商科大 必由館高(熊本県)
投手 左投左打 182cm/78kg 1991.9.5生

小6で全国大会ベスト4。高校時代は地区大会準決勝敗退で甲子園出場経験なし。大学4年時神奈川大学リーグにて再優勝投手賞とベストナインを獲得。鋭い腕の振りから繰り出すキレのあるボールが持ち味の大学球界を代表する左腕。最速148kmのストレートにスライダー、カットボール、チェンジアップと変化球も多彩で、特にカットボールはキレ、コントロールともに安定感がある。

 

ドラフト2巡目

横田 慎太郎 (よこた しんたろう)背番号24

阪神 横田慎太郎 画像
鹿児島実業高校
外野手 186cm/85kg 1995.6.9生

東京生まれ。3歳のときに鹿児島に転居。鹿児島実業高校では1年から4番。高校通算29本塁打。父はロッテオリオンズなどで活躍した横田真之。高校生としては体の大きさ、強さ、パワーはトップクラスで、打撃については高いレベルの技術、センスを持った選手。投手としての出場機会も多く、140km/hを超える地肩の強さも魅力で、脚力もある。

 

ドラフト3巡目

陽川 尚将 (ようかわ なおまさ)背番号55

阪神 陽川 画像 どんな選手
東京農業大 (金光大阪高)
内野手 右投右打 179cm/86kg 1991.7.17生

金光大阪高校3年時、センバツで甲子園出場。高校通算36本塁打。2009年、読売が育成3位で指名するも拒否(でかした)。
力強いスイングに加え、バットのヘッドが立ったスイングができ、ミート力もパワーも備えているバッター。身体能力が高く、盗塁もできる脚力と強肩を生かした守備も持ち味の内野手。

 

ドラフト4巡目

梅野 隆太郎 (うめの りゅうたろう)背番号44

阪神 梅野 画像
福岡大 (福岡工大城東高)
捕手 右投右打 173cm/80kg 1991.6.17

九州六大学リーグで通算打率3割超え。守備面での安定感と打撃面での勝負強さを兼ね備えた大学球界を代表する捕手。特に打撃面では、スイングスピードが速く、逆方向への打球が伸びるのが魅力。守備面でも強肩を生かしたスローイングがセールスポイント(二塁送球 平均1.9秒)。

 

ドラフト5巡目

山本 翔也(やまもと しょうや)背番号47

阪神 山本翔也 画像
王子製紙(福井工大福井高-法政大)
投手 左投左打 182cm/90kg 1988.10.12生

社会人になってから頭角を表し、2011年より2013年まで3年連続でエースとして王子製紙を都市対抗に導く。躍動感のあるフォームと柔軟な腕の振りで小気味良い投球が持ち味の左腕。キレのあるストレートとカーブ、スライダー、チェンジアップなどの変化球で緩急も使える。コースを投げ分けるコントロールにも定評あり。

 

ドラフト6巡目

岩崎 優(いわざき すぐる)背番号67

阪神 新入団 岩崎 写真
国士舘大(清水東高)
投手 左投左打 184cm/81kg 1991.6.19

大学時代は中継ぎ・抑えとして活躍。左腕のスリー・クォーターのフォームから最速144キロのストレートを繰り出す。腕の振りが変わらないフォームから繰り出すスライダーやフォークなど、キレのある変化球も兼ね備えている。

 

トレードその他

吉見祐治 背番号42

阪神タイガース 吉見
横浜(2001-2010) ロッテ(2010-2013)
2010年シーズン途中に金銭トレードでロッテに移籍。2013年ロッテから戦力外通告。2013年11月、阪神タイガースと契約。
通算44勝62敗0セーブ 防御率4.84 奪三振717 投球回1007.0

 

鶴岡一成 背番号40

阪神 鶴岡 画像
横浜(2000-2008) 読売(2008-2011) Dena(2012-2013)
2012年、放出されたDena(旧横浜)にFAで出戻るも、2013オフ阪神久保の人的補償で阪神タイガースに移籍。古巣へのリベンジに燃える。
1977年5月30日生
通算 1111打数266安打 .239 17本 113打点

 

新外国人

マウロ・ゴメス 背番号5

阪神 マウロゴメス 画像
モーロ・アレクシス・ゴメス(Mauro Alexis Gómez)。日本での表記名は「マウロ・ゴメス」となる。
1984年9月7日生(29歳) ドミニカ共和国
内野手 右投右打 188cm/104kg

2003年テキサスレンジャーズに入団。2012年2月2日にボストン・レッドソックスとマイナー契約。5月13日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たした。以後、3Aとメジャーを行き来したが、8月18日以降はシーズン終了までメジャーでプレーした。3Aでは100試合で打率.310、24本塁打、74打点をマークし、インターナショナルリーグのMVPに選ばれた。
メジャーでは通算102打数28安打.275 本塁打2 打点17
1年契約の総額120万ドル(約1億2,000万円)、年俸85万ドル(約8,500万円)で[1]、阪神タイガースと契約。

 

呉昇桓(オ スンファン)背番号22

オ・スンファン 阪神 画像
1982年7月15日(31歳)韓国
投手 右投右打 178cm/92kg
所属球団サムスン
韓国通算 28勝13敗277セーブ 防御率1.69 投球回数510 1/3 奪三振625

「石直球」と呼ばれる強烈なストレートで、投球回数を上回る奪三振を記録。オーバースローから平均球速約150km/h、最速157km/h伸びのあるストレートと縦に変化するスライダーを武器にして、稀にカーブを混ぜる。
契約金2億円、年俸3億円、三星に支払う移籍金5000万円の2年総額8億5000万円で阪神タイガースと契約。

 

 

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013




阪神タイガース 監督 コーチ 2014

2014年 阪神タイガースの首脳陣一覧とプロフィールはこちらです。

 

監督 86 和田 豊

和田監督 画像
現役1985−2001(阪神タイガース)
2番セカンドとして職人芸である右打ちは見事であった。2002年からコーチ。2012年より監督。

 

ヘッドコーチ 84 黒田 正宏

阪神 黒田正宏 画像
現役 1971−1981(南海ホークス) 1982−1985(西武ライオンズ)
南海時代には野村克也監督より基礎教育を受ける。
西武ライオンズバッテリーコーチ 福岡ダイエーホークスヘッドコーチなどを経て、1999年阪神タイガース1軍バッテリーコーチ、2001年からはフロント入り。2013年より阪神タイガースヘッドコーチに就任

 

野手総合コーチ 74 吉竹 春樹 <作戦・守備走塁コーチより>

阪神 吉竹春樹 画像
現役1979−1986(阪神タイガース) 1987−1996(西武ライオンズ)
3割を超えた経験は無いものの守備は一級品。俊足で広い守備範囲が売り物であった。
1997年から2008年まで阪神タイガースでコーチを務めるも、引責退団する岡田監督とともに退任。2009年は管理部長二軍担当。2011年から二軍監督。2013年作戦兼守備走塁総合コーチ。2014年当職。

 

投手コーチ 71 中西 清起

阪神 中西清起 画像
現役1984−1996(阪神タイガース)
1985年リーグ優勝時の胴上げ投手。山本和行とのダブルストッパーとして貢献。
【参考】1985年阪神タイガースリーグ優勝(動画あり)
2004年岡田監督のもとコーチ就任。

 

投手コーチ 85 山口 高志

阪神 山口高志 画像
現役1975−1982(阪急ブレーブス)
豪速球で押す本格は投手。「江夏よりも速かった」との声も。小さい体から150Km近い速球で押すスタイルは選手生活を短命で終わらせた。
1983年より1998年まで阪急(オリックス)で投手コーチ。2003年から阪神タイガースで投手コーチ。スカウトを経て2009年投手コーチに復帰。

 

打撃コーチ 78 関川 浩一

阪神 関川浩一 画像
現役1991−1997(阪神タイガース) 1998−2004(中日ドラゴンズ) 2005−2007(東北楽天ゴールデンイーグルス)
俊足巧打の捕手。阪神時代はバッティングを買われ外野で出場機会も多く、中日移籍後は外野手専任。
2007年から2009年まで楽天一軍打撃コーチ補佐。2010年韓国SKワイバーンズの打撃コーチとして優勝に貢献。2011年星野仙一監督の監督就任に伴い楽天に復帰(二軍外野守備走塁コーチ。5月より一軍外野守備走塁コーチ)。2012年阪神に復帰し一軍外野守備走塁コーチに就任。2013年より打撃コーチ(スコアラー登録しベンチではポロシャツ姿)

 

打撃コーチ 75 高橋 光信

阪神 高橋光信 画像
現役 1998−2006(中日ドラゴンズ) 2007−2010(阪神タイガース)
中日時代は右の和製大砲として期待されるも、目立った成績を残せず戦力外通告。合同トライアウトを経て2007年阪神入団。阪神タイガースファンにとっては「代打」としての印象が強い。
2011年より阪神タイガース二軍コーチ。2012年一軍打撃コーチに昇格。

 

内野守備走塁コーチ 70 高代 延博 <評論家より>

阪神 高代延博 画像
現役 1979−1988(日本ハムファイターズ)1989(広島東洋カープ)
1年目よりゴールデングラブ 2年目にはベストナイン。
指導者としては広島➝中日➝日ハム➝千葉ロッテ➝中日➝ハンファ・イーグルス(韓国)➝オリックスと渡り歩き、2013年にはWBC日本代表チームのコーチも務める。2014年阪神タイガース入団。

WBC 本塁に突入しようとする糸井選手を体を張って止める高代コーチ 動画

 

外野守備走塁コーチ 89 山脇 光治

阪神 山脇光治 画像
現役 1981−1995(阪神タイガース)
守備固め、代走などに使われる便利な選手であった。1992年9月11日 「八木 幻のサヨナラホームラン」の試合の最後のバッター。
1996年引退後もコーチ・フロントとして継続して阪神タイガースに帯同。

 

バッテリーコーチ 82 山田 勝彦

阪神 山田勝彦 画像
現役1988−2002(阪神タイガース) 2003−2005(北海道日本ハムファイターズ)
1992年、亀新フィーバーで優勝争いしたシーズンに頭角を表し正捕手として定着。のち矢野輝弘にポジションを譲る。
楽天➝オリックスとコーチを歴任。2013年、阪神タイガースバッテリコーチとして復帰。

 

トレーニングコーチ 91 伊藤 敦規

阪神 伊藤敦規 画像
現役 1988−1994(阪急・オリックス) 1995−1996(横浜ベイスターズ) 1997−2002(阪神タイガース)
遠山・葛西らと強力リリーフ陣を構成。勝っていても負けていても登板。阪神ファンで「イトアツ」を嫌いな人はいない(はず)。
引退後は実家(伊藤建設)の営業主任として務めるも、2005年阪神タイガースに指導者として復帰。

 

打撃コーチ補佐 80 トーマス・オマリー

オマリー 阪神 画像
現役 1991−1994(阪神) 1995−1996(ヤクルト)
広角打法と長打力で日本球界で6年に渡り活躍。1993年には首位打者のタイトルを獲得。引退後はアメリカ独立リーグニューアーク・ベアーズの監督を勤めるなど、指導経験も豊富。

 

DC 掛布雅之

掛布DCの役割とは
現役1974−1988(阪神)
ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター(Development Coordinator)
言わずと知れたミスタータイガース。掛布以降、真のミスタータイガースと呼ばれる選手は出現していない。引退後ユニフォームを着ることは無かったが、2013年秋より現職に就き若手からの信頼も厚い。若きミスタータイガースの育成に期待される。

 

二軍

監督 72 平田 勝男

現役 1982−1994(阪神タイガース)
守備と送りバンドは一級品。ショートのレギュラーであった真弓明信を外野に追いやってのポジション奪取はさすが。(ゴールデングラブ賞獲得4回)
2007年より2010年まで二軍監督。2013年より阪神タイガース二軍監督復帰。

 

投手チーフコーチ 88 久保 康生 <チーフ投手コーチより>

現役 1977−1988(近鉄バファローズ) 1988−1996(阪神タイガース) 1996−1997(近鉄バファローズ)
中継ぎ投手としてセントラル・リーグ最多登板数を記録する。
2005年から2011年まで阪神タイガースコーチ。2012年は韓国斗山ベアーズで投手インストラクター。2013年阪神タイガース復帰。

 

投手コーチ 79 湯舟 敏郎

現役 1991−2000(阪神タイガース) 2001(大阪近鉄バファローズ)
1992年6月14日広島戦(阪神甲子園球場)にて、阪神タイガースの投手としては1973年の江夏豊以来となるノーヒットノーランを達成。
【参考】その他 阪神タイガースでノーヒットノーランを達成した投手
2011年より阪神タイガース二軍コーチとして復帰。

 

打撃コーチ 76 八木 裕

現役 1987−2004(阪神タイガース)
ご存じ代打の神様。優勝した2003年には濱中治が故障で離脱したのち、4番打者としてスタメンを張ることもあり。
【参考】八木裕 代打逆転満塁ホームラン 動画あり
2009年 阪神タイガース二軍コーチに就任

 

内野守備走塁コーチ 73 風岡 尚幸

現役 1986−1997(オリックス) 1998−2000(阪神タイガース)
主に代走・守備固め要員として年間40〜60試合出場。
2011年より阪神二軍コーチ。

 

内野守備走塁コーチ 96 筒井 壮

現役 1997−2004(中日ドラゴンズ) 2005−2006(阪神タイガース)
現楽天ゴールデンイーグルス監督 星野仙一氏の甥っこ。
2007年より阪神タイガース育成コーチ。2013年二軍内野守備走塁コーチ。

 

外野守備走塁コーチ 87 中村 豊

現役 1996−2002(日本ハムファイターズ) 2003−2007(阪神タイガース)
この人といえば、やっぱりこれでしょう。2005年9月7日、熾烈な優勝争いの中、ナゴヤドームで放った決勝ホームラン。

中村豊 ナゴヤドーム決勝ホームラン 動画 2005.9.7

2008年二軍コーチ。2009年一軍コーチを経て、2011年より二軍守備走塁コーチ。

 

バッテリーコーチ 81 吉田 康夫

現役 1986−1997(阪神タイガース)
木戸・嶋田に続く第3の捕手として登録されることが多かった。
1998年以降、コーチ就任し現在に至る。

 

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013



藤川球児 背番号22

Posted by toraho on 2013年11月10日
Posted in 選手名鑑  | Tagged With: , | Comments


藤川球児 背番号22

阪神 藤川球児 画像

1998年のドラフトで1位指名。1999年入団、当初の背番号は30。1年目はファームでも3試合に留まり基礎体力づくりに励みます。

2000年、2001年は初登板を果たすも目立った活躍は無し。2002年に背番号を「92(きゅうじ)」に変更し、登板機会も先発・中継ぎ投手として12と激増。9月11日には涙の初勝利。このころはかわいいもんでしたねー。

2003年、18年ぶりに阪神タイガースが優勝した年、背番号22に変更。先発・中継ぎとして26度29回2/3の登板。しかしパッとせず。特に4月11日巨人戦、4失点して同点に追いつかれたあの逆転劇はあなたも印象に残っているのでは。

2004年は故障で2軍スタートするも、後半戦は完全に中継ぎに転校して1軍に定着します。31回を投げて35奪三振と、このあとの活躍を予感させるような成績を残したのです。

 

2005年。開花のシーズンです。背番号も元横浜の大魔神佐々木や元ヤクルトの高津臣吾と同じ「22」に変更。ジェフ・ウイリアムスと久保田智之との無敵のリリーフトリオ「JFK」の一角を担い、当時のシーズン最多登板である79を記録(最終的には80)。53ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得します。

 

2003年 JFK 阪神 youtube動画


んんん、よかったなぁこの頃は。。

2006年は当時抑えだった久保田智之投手がケガのため6月に離脱。移行抑えとして定着し、その後の活躍はご存知のとおりです。

 

まっすぐとわかっていても打てないストレート。誰がまとめてくれたのか。

藤川球児のピッチング youtube動画

 

あとこちらは圧巻。3者連続3球三振!

藤川球児三者連続三球三振 2009年5月27日 西武戦(甲子園)

 

2012年終了後、海外FA権を行使し2013年シーズンよりシカゴカブスに移籍しました。しかし、渡米以降負傷が続き、6月11日に手術。メジャー挑戦1年目は失意のうちに幕を引くこととなりました。
藤川球児 カブス 画像

あの、火が出るようなストレートを、僕たちはもう一度見ることができるのでしょうか。

藤川球児登場曲 リンドバーグ〜every little thing every precious thing〜

 

藤川球児 通算成績(阪神タイガース)

2000年〜2012年
562試合登板 投球回数692
42勝25敗220セーブ
防御率1.77 奪三振914
最優秀中継ぎ投手(2005年 2006年)
最多セーブ投手(2007年 2011年)
月間MVP(2005年6月 2008年9月)

 

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013



掛布雅之 背番号31

Posted by toraho on 2013年10月18日
Posted in 選手名鑑  | Tagged With: , | Comments


ミスタータイガース 掛布雅之 31

阪神 掛布 1985 画像

僕が物心ついて最初に見た阪神タイガースの4番は、掛布雅之でした。TwitterとかFacebookページとかでコメントを頂いているのを見ていると、今や掛布の現役時代を知らないファンの方も増えているようで。そりゃそうですね。退団したのが1988年。もう25年前ですから。。

 

掛布雅之選手は1973年秋のドラフト6位で指名されました。その直前、秋の2軍キャンプに練習生として参加。実力を認められテスト生同然での指名だったそうです。

1974年に入団すると、開幕から1軍に定着。2年目の1975年には相手投手が左なら佐野、右なら掛布という使い方をされながら、最終的には掛布が3塁手として定着します。

1979年、48本のホームランを放って初の本塁打王に輝きます。1982年は本塁打・打点の2冠王。1984年にも本塁打王に輝きます。特筆すべきは1984年。シーズン終盤残り2戦は、ホームラン王を争っていた宇野選手がいる中日との対戦。2試合全打席両者敬遠という珍しい記録を残し、掛布と宇野は本塁打王を分け合ったのでした。

1982年6月2日 読売戦 掛布同点ホームラン 動画

ライバル江川から放った高めボール気味の球を振りきってライト中段へ。ラッキーゾーン関係無し。

そして迎えた1985年。言うまでもないですね。阪神タイガースが唯一日本シリーズを制覇した年ですね。

このブログでも何度もご紹介しているこの動画、何度見ても良いものは良い、もっぺん載せておきます。

バックスクリーン3連発 バース 掛布 岡田 動画


実況は植草貞夫。クロマティーはーーーーー追わない!!!

ちなみにこの年、僕の住んでいた町の小学生はほとんど全員阪神帽をかぶって投稿。女の子も半分ぐらい阪神帽をかぶってました。

 

順調に来た掛布雅之の野球人生ですが、1986年に大きな壁が立ちはだかります。4月20日対中日戦、ルーキーの斉藤学投手から手首に死球を受けて骨折。ほとんど活躍できずに1年が終わってしまいます。

1987年、88年も全盛期の結果が残せず、9月14日に引退を表明。他球団からのオファーもあったようですが、掛布選手は阪神タイガースの選手としてバットを置くという決断をしました。

1988年10月10日(僕も観に行った!!)引退試合はスタメン4番サードで出場。最終打席は四球。ついに(現時点で)最後のミスタータイガースはユニフォームを脱ぎました。

 

個人的には、このあとコーチ・監督へと進むものだと思っていました。しかし、現役当時の飲酒運転や、退団後の債務問題が起因したのか、2013年現在ユニフォームはまだ着ていません。

2014年より「打撃アドバイザー」という(ちょっと良くわからない)立場で阪神タイガースを支えることになるようです。生え抜きの長打が打てる若い打者を、ミスタータイガースの手によって生み出して欲しいものですね。

掛布雅之 引退の記録 動画

12分53秒 時間があるときにゆっくりご覧ください。

掛布雅之 引退 画像

掛布雅之 通算成績
打率.292 本塁打349 打点1019
5673打数 1656安打
本塁打王:3回 (1979年、1982年、1984年)
打点王:1回 (1982年)
最多出塁数:2回 (1981年、1982年)

ベストナイン:7回 (1976年 – 1979年、1981年、1982年、1985年)
ダイヤモンドグラブ賞:6回 (1978年、1979年、1981年 – 1983年、1985年)
オールスターゲームMVP:3回 (1978年 第3戦、1981年 第2戦、1982年 第3戦)
月間MVP:1回 (1979年4月)

阪神タイガース 背番号31 歴代選手名

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013




阪神 退団選手 戦力外選手 2013

 

桧山進次郎(44)

10月1日 桧山お立ち台
京都市右京区出身 平安高校 東洋大学
1991年ドラフト4位指名 1992年入団
2013年9月7日引退表明
>>桧山進次郎 プロフィール 通算成績
>>桧山進次郎 引退スピーチ完全書き起こし

 

浅井良選手(34)

浅井良 戦力外
神奈川県横浜市出身 桐蔭学園高校 法政大学
2001年自由獲得枠 2002年入団
高校2年までキャッチャー。3年時はピッチャーとして甲子園出場。2回線で如水館高校に敗れる。大学在学中には捕手に再転向。プロ入り後も捕手登録されるも、2007年より野手としての出場機会が増え、2008年からは正式に外野手登録される。
初球からの積極的な打撃と俊足を生かした外野守備などに定評があったが、2013年は出場試合46、打率.220、1本塁打と振るわず、10月21日戦力外通告を受ける。

浅井良 ホームラン 動画 2013年7月17日 読売戦(甲子園)

※参考阪神 背番号8 歴代選手

 

林威助外野手(34)

林威助 阪神 画像

2007年6月10日 リンウェイツウサヨナラホームラン 動画


台湾台中市出身。台湾国籍だが日本の高校(柳川高校・近畿大学)に通っていたため、NPBの規定で日本人登録選手扱いとなる。
2002年秋のドラフト会議で7巡目指名。2003年入団。
一時は金本とクリーンアップで「LA砲」と呼ばれ、左の大砲として期待される。しかし、その後右肩のケガなどで振るわず、2013年10月1日、球団より戦力外通告を受ける。

 

林啓介投手(26)

林啓介 阪神 画像
福井県鯖江市出身 福井商業高校では2005年春夏ともに甲子園出場。同年秋のドラフトで千葉ロッテから2巡目指名。2006年入団。
ロッテには在籍7年。2012年シーズンオフに戦力外通告を受け12球団トライアウトで阪神タイガースに育成選手として契約。
2013年7月23日 支配下登録されるも、10月1日に戦力外通告。

 

清原大貴投手(24)

清原大貴 阪神 画像

清原大貴 阪神 動画 2013年7月28日 横浜戦


茨城県龍ケ崎市出身 常総学院 2年夏・3年夏に甲子園出場。
2007年高校生ドラフト4巡目指名。2008年入団。
2013年7月3日には出場選手登録されるも、球団側の手違いで清水誉を誤って清原と記載してしまったというエピソードも。その後1軍で登板するも10月1日戦力外通告。

 

橋本良平捕手(25)

橋本良平 阪神 画像
大阪市平野区出身 智辯学園和歌山高校 3年夏に甲子園出場するも田中将大擁する駒大苫小牧に敗れる。
2006年高校生ドラフト3巡目指名 2007年入団。
1年から強豪智辯和歌山の4番を打つというパワーヒッター。期待されながらも1軍での出場は無し。2013年10月1日 戦力外通告。

 

野原将志内野手(25)

野原将志 阪神 画像
長崎県南島原市出身 長崎日本大学高校 高校通算30本塁打を放つ。
2006年高校生ドラフト1位 2007年入団。
2011年8月28日 桧山進次郎の代走として初出場するも、さらに代走大和が送られ「代走の代走」を出されたという珍記録を持つ。
2012年9月26日 ヤクルト戦で初スタメン・初安打を記録。2013年10月1日 戦力外通告。

 

◆育成

藤井宏政内野手(23)

藤井宏政 阪神 画像
兵庫県高砂市出身 兵庫県立加古川北高校
2008年 ドラフト育成枠3巡目指名 2009年入団
2013年10月1日 戦力外通告

 

黒田祐輔外野手(27)

黒田祐輔 阪神 画像
静岡県藤枝市出身 静岡県立静岡高校 駒沢大学中退 シャンソン化粧品
2007年 大学人・社会人ドラフト4巡目指名 2008年入団。
2013年10月1日戦力外通告

 

穴田真規選手(20)

阪神 穴田真規 画像
大阪府箕面市出身 府立箕面東高校
2010年育成3位指名 2011年入団
高校通算31本塁打の打棒を買われ入団。入団後2011年から2013年の間、ファームで73試合に出場するも本塁打は1本に留まる。10月21日戦力外通告、10月31日自由契約公示。

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013



藤本敦士 背番号9

Posted by toraho on 2013年9月22日
Posted in 選手名鑑  | Tagged With: , | Comments


阪神タイガース 藤本敦士 背番号9

阪神 藤本敦士 画像
2000年ドラフト7位 2001年入団
兵庫県明石市 育英高等学校 亜細亜大学(中退) 甲賀総合科学専門学校 デュプロ 出身
※阪神タイガースには2009年まで在籍 2010年より2013年までヤクルト

 

2013年9月11日 甲子園球場で行われた阪神対ヤクルト戦、7回表に今年で引退を表明しているヤクルトの藤本敦士選手が代打で登場。見事1000試合出場という記録を達成しました。

藤本敦士 甲子園 引退試合 最終打席 動画

【追記】

藤本敦士 現役最終打席 動画 (神宮球場)

達川さんも「バッテリー空気読め!」と怒ってました。なんやねんこいつら、本気で打ち取りにきとる。。

藤本敦士 引退挨拶 胴上げ 動画 (神宮球場)

ヒーローインタビュー、ヤクルト石川投手が「藤本さーん」と。ええやつや(涙)

 

 

2000年、当時阪神タイガースの監督だった野村克也氏が社会人時代の藤本敦士の試合をたまたま見ており、同年のドラフトで指名され翌年阪神タイガースに入団しました。

ルーキーイヤーの2001年。当時ショートのレギュラーだった沖原佳典が故障。代役で出場したことがきっかけとなり、1軍に定着します。

2003年。18年ぶりに阪神タイガースの監督が宙に舞ったあの年ですね。藤本敦士は8番ショートとして定着。7番矢野輝弘 8番藤本敦士と好打者が並び、「恐怖の下位打線」「恐怖の8番打者」として優勝に貢献します。この年藤本選手はキャリアハイとなる打率.301を記録。軽快な守備も投手陣を助けたものです。

阪神 藤本 2003 日本シリーズサヨナラ犠牲フライ 動画

しかし、このタイミングで藤本選手にとっての大きな転機がやって来ました。2003年は早稲田大学で同じショートを守る鳥谷敬を指名することが決まっており、野球人生最高の成績を残した翌年にレギュラーの座が揺らぐピンチがやってきたのです。

ちなみに、2003年リーグ優勝のビールかけの際、金本知憲選手から「とりたに!とりたに!」とからかわれ、怒り狂う藤本選手の姿も見られました(笑)

そして2004年。開幕スタメン、ショートは鳥谷敬。その後藤本もスタメンで出場する機会はあったものの、最終的にはショートのレギュラーは奪われた形になりました。

2005年以降、関本とのセカンド定位置争いや、オリックスから平野が入団するなど、なかなか定着できず。守備位置はセカンドやサード、相手投手が左の時は外されるなど、不動のスタメンとして藤本敦士の名前が挙がることはなくなりました。

 

出たらこんなピッチピチのプレーしてくれてたんですけどねぇ。。

阪神 藤本 満塁ホームラン 広島市民球場 動画

阪神 藤本 ファインプレー 動画

そして2009年のシーズンオフ。出場機会を求めFA権を行使してヤクルトへ移籍します。

阪神藤本 FA会見 画像

藤本敦士 ヤクルトへFA

阪神タイガース在籍年数は9年と短い期間でした。しかし、特に2003年の大活躍は当時を知るファンには忘れられません。

FA移籍についても悪く思っている阪神ファンはおそらく皆無でしょう。それよりも、藤本という日本一のショートがいるのに鳥谷を獲得するという球団の方針に違和感を感じたファンも、当時は多かったのではないでしょうか。(今となっては鳥谷はタイガースに欠かせない選手になりましたが)

 

2013年を以って現役を退くことを表明している藤本選手。冒頭の動画でもご紹介したように、今でも阪神ファンはあなたのことがだいすきです。また戻ってきてくださいねっ!

濱ちゃんとのダブル解説なんかも聞いてみたいなぁ。。

残り試合も全力で。また甲子園きてやぁ〜!!

藤本敦士 甲子園 最後
藤本敦士 通算成績(2001年〜2012年)
2459打数619安打 打率.252 本塁打14 打点208 盗塁27
初出場 2001年4月14日 中日戦
初安打 2001年4月17日 横浜戦 福盛一夫投手から
初打点 2001年4月18日 横浜戦 木塚敦志投手から
初本塁打 2001年5月16日 読売戦 鄭珉哲投手から
オールスター出場3回(2003年 2005年 2006年 2006年はMVP)

 

阪神タイガース 背番号9 歴代選手名

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013



玉置隆 背番号97

Posted by toraho on 2013年9月16日
Posted in 選手名鑑  | Tagged With: | Comments


阪神タイガース 玉置隆 背番号97

阪神タイガース 玉置 画像
1986年9月11日生まれ
和歌山市 和歌山市立和歌山商業高校 出身
右投げ右打ち
2004年 ドラフト9巡目
2005年入団

 

2013年9月15日 神宮球場で行われたヤクルトー阪神戦。バレンティンが日本新記録である年間56本目のホームランを放ったこの試合、結果は0−9でヤクルトの圧勝でした。

この試合、先発榎田が打ち込まれ、代わって登板したのが玉置隆投手。2008年以来登板が無かったのですが、今年2013年5月13日に久々に登板した入団9年目の投手です。あまりご存知ない方も多いのでは。

こんな動画ありました。どうやって撮ったんやろ。。。
阪神 玉置 動画 ブルペン

 

それもそのはず、2005年入団以降あまり目立った活躍が無いまま2009年春先に右肘をケガ。オフには育成選手登録となりました。

2012年に支配下選手登録として復帰。そして2013年5月の復活登板に至ったのです。

父親を事故で亡くし、母親ひとりに育てられたという生い立ち。そして入団してからの苦労。なんとか一花咲かせてほしい選手です。CSのシンデレラ・ボーイとなるか。

 

★玉置隆 通算成績
6試合 投球回数8.0 被安打5 奪三振7
0勝0敗 防御率0.00
初登板 2006年10月14日 対広島戦(広島市民球場)

 

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013

>>阪神1軍 9月 日程表・チケット情報