Header image alt text

阪神タイガース 虎講師のブログ


阪神タイガース 珍プレー 加藤 リリーフカーで出てきてそのまままた戻っていく動画

 

本日、9月27日のDeNAベイスターズ戦。プロ野球公式戦の試合中に甲子園球場で男女がドライブするという事態が発生いたしました。

甲子園ではイタチが走り回って試合が中断したことはありますが、人間が堂々と自動車に乗ってドライブしたことが原因で公式戦が中断したのは、歴史上初めてではないでしょうか。

阪神 加藤 リリーフカーでブルペンに戻る youtube動画

 

これ、事実関係は。

まず、左打者であるDeNA松本に回ったところで、左投手加藤を投げさせるとベンチからブルペンに連絡があった。

しかしその松本のところで右打者である後藤が代打に入った。

左投手を出す意味がなくなり松田続投

ブルペンに松田が続投することは伝わっておらず、加藤登場➝リリーフカーのお姉さん苦笑いでバック。加藤康介は真顔で助手席ww

ということみたいです。わははは!はぁ。。。。

 

あ、楽天ゴールデンイーグルス、優勝おめでとうございます。あの弱い時代から今日の胴上げ。暗黒時代を抜けた時の阪神タイガースを思い出します。頑張りますので日本シリーズでお会いしましょう。

それでは。

 

阪神タイガース 歴代背番号 選手一覧

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013




藤浪晋太郎10勝目!イタチ動画もあり! 2013年8月31日 阪神ー広島 甲子園

藤浪 加藤 インタビュー 画像

4番鳥谷スパイスが2試合目にして初めて機能。あいかわらず点は取れませんが、新人藤浪のランナーを出しながらも要所を抑えるピッチングと、盤石の中継ぎでひさびさのとらほう。

阪神-広島戦 甲子園 ハイライト動画 2013年8月31日

わらしも登場www

さて、この試合で10勝目を挙げた阪神タイガース藤浪晋太郎。高卒新人が2ケタ勝利を記録したのはなんと46年前の江夏豊投手以来!またまたどえりゃーことをやってくれたもんですわ。

この「江夏以来」ですが、8月11日にも「全5球団からの勝利」という記録を、このしんたろうくんはやってのけてくれています。
>>藤浪晋太郎 江夏以来の記録 その1

 

そしてヒーローインタビューは10勝目の藤浪晋太郎とそのあとを継いだ加藤康介!加藤投手は初めてのヒーローインタビューでした。

阪神 加藤康介 三者三振 甲子園 動画

阪神 藤浪晋太郎 加藤康介 甲子園 ヒーローインタビュー 動画

阪神 加藤康介 甲子園 ヒーローインタビュー お立ち台 動画 ※18:30より

藤浪 チームの空気がよくなかったので思い切って自分のピッチングをしようと思ってマウンドに上がりました。ピンチになんとか粘り強くなげれたのが良かったですが、もうちょっと長いイニング投げたかったんですけど。。

仕方ないので次しっかり投げたいです。あの場面は試合のターニングポイントだと思ったので、力一杯投げました。(10勝は)通過点にすぎないので残りのシーズンしっかりと投げたいです。

加藤 最高です!(お立ち台は)初めてです!涙がでそうなんですけど、、、ほんと嬉しいです!

(三者三振は?)晋太郎ががんばってたので10勝めもかかってたので、打たれたら何言われるかわからないのでがんばってなげました。

藤浪 (加藤は)すごいのひとことです

加藤 (藤浪は)高校生離れした新人だと思います。自分にとっていまいちばんいいシーズンだと思います。

藤浪 優勝をあきらめたらいけないと思いますし、優勝が決まるまで頑張って投げたいのでタイガースファンのみなさん応援おねがいします!

加藤 優勝に向ってがんばります。応援よろしくお願いします!(終了)

 

さあ、次は「高卒新人初胴上げ投手」でもいきましょうかぁ!!!!

【試合終了】 ◇開始18時00分◇甲子園
広 島 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
阪 神 1 0 0 1 0 0 0 0 X 2
【広島】 バリントン ●久本(3勝4敗) 横山 今村
【阪神】 ○藤浪(10勝4敗) 松田 加藤 S福原(11セーブ)

【おまけ】

甲子園 イタチ 動画

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013

>>2013年9月 日程表・チケット情報




阪神 清水 珍プレー キャッチャーが消えた! 2013年8月13日 阪神対広島戦 京セラドーム

 

阪神タイガース 清水捕手のこのプレー。既にあなたもご覧になられたかもですが、もう一度。

阪神 清水誉捕手 キャッチャーが消えた! 動画
消えるキャッチャー 阪神清水

主審がかわいそうwwwwww

この動き、いろんな意見がありますが、僕はこう思ってます。

左ピッチャーの加藤康介が投球動作に入り、右足を上げます。この時1塁ランナーがスタートを切ったため、キャッチャーの清水は加藤投手1塁に牽制し挟殺するものだと考えました。

そこで、1塁のベースカバーに入るために、加藤投手が右足を上げると同時に1塁方向へ走ったものの、加藤投手はそのままバッター(キャッチャー)に向けて投球してきた、ということではないかと。

こちらのyoutube動画で見ると、その前の球から見られます。ランナーを警戒しながらの投球だったことがわかります。

阪神清水捕手 消えたキャッチャー YOUTUBE動画

 

と思って、キャッチャーが似たような動きをしている他の「牽制死」の動画を探してみたんですが、ありませんねぇ。。。。(苦笑)

西武 菊池雄星 牽制アウト 動画

日ハム田中 牽制死 動画 投手 石井一久

ただ、この2例はいずれも「1塁ランナーが帰塁できずにアウト」というパターンです。なので、1塁ランナーが既にスタートの構えを見せていた清水捕手のケースとは少し違うのですが。

 

真相を知りたく、清水誉のコメントが無いか探したのですが、ありません。なんか知ってます?

 

【追記】清水が牽制のサインを出したものの、加藤がストレートと見誤ったのだそうでした。
>> http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130814-1173147.html

TDR_FANさん情報ありがとうございます!!

2013阪神タイガースさよならゲーム動画集

阪神タイガース 選手別応援歌2013

>> 8月 9月 日程表・チケット情報